© 2017 Hanna Saito

  • github-logo
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Twitter Icon

齋藤帆奈 Hanna Saito 

1988年生多摩美術大学工芸学科ガラスコースを卒業後 (biological/ art platformに参加理化学ガラスの制作技法によるガラス造形や生物有機物等を用いて作品を制作している主なテーマは私たち自身がその一部でありつつ

2008 多摩美術大学工芸学科入学

2011 動く実験室展 / 渋谷区文化総合センター大和田

2012 川崎ガラス工芸作家展

2013 卒業制作展 / スパイラル 多摩美術大学工芸学科ガラスコース卒業 玉川アートフェスティバル / 玉川高島屋

metaPhorest( 早稲田大学生命美学プラットフォーム ) に参加

バイオメディアアート展 / 3331Arts Chiyoda アキバタマビ 21

Made Cocoons)

オープンスペース 2013( - 2014 常設展 ) 生命美学オープンラボ / ICC(NTT インターコミュニケーションセンター )

TRANS ARTS TOKYO /B/E/L/L/A/L/C/O/K/W -The Wonderful Wizard of Black & Yellow-有賀慎吾の企画展に参加 (Decalcomanie Sculpture)

細胞を創る研究会6.0 ポスター発表

2014 アーティスト・トーク「SymbioticA × metaPhorest:生命をオープン・スペ
ースで考える 2/ICC

複数の分野を横断する思考様式「内部観測」がテーマのウェブマガジン「E!」 に原稿『私と世界が触れるとき』を寄稿

7/19 - 8/18 マテリアライジング展2 / 東京藝術大学美術館陳列館

第37回分子生物学会年会 サイエンス&アート企画 ポスター展示

プラダ財団・カタール美術館主催Curate Award 2014 Finalist ( 羽生和仁・吉岡裕記によるキュレーション案‘metaPhorest’ に展示作家と して参加)

2015 グループ展「オントロジカル・スニップ」/ギャラリーHIGURE

ユクスキュルをテーマにしたグループ展「最遠平面のむこうへ」/アキバタマビ

2016 ウェブマガジン『E!』8 号特別連動企画『E!x:創 造する相同』に執筆者として参加、『オロスコ in 齋藤帆奈』を寄稿

トーク/株式会社ライゾマティクスによるイベント Flying Tokyo2016 トーク/グローバル・アート・インダストリーにおけるアートの可能性研究会.vol2「生命操作の技法=アート、その現在と未来 ―生物工学/バイオアート―」神戸大学芸術学研究室

心の偏在性がテーマの「Universality of mind」セッションに参加、制作者と素材の相互作用について論じた「Mind of Material」スライド発表 /ICP2016(国際心理学会)

「岩崎秀雄+metaPhorest」として茨城県北芸術祭 2013 に参加

hack day 審査員賞落合陽一賞受賞

2017 学会発表/共創学会にて『物の心 - 素材と共に創ること』

展示/人工知能美学芸術展にて (2017/11/3-2018/1/8)"Non-Retina Kinematograph"を展示

2018 "Senses of Light"花形慎角谷啓太との共同制作作品が第21回学生CGコンテストにノミネート